部下の哲学p216「10%の努力が、90%の運命を変える」を読んで

■本の内容

努力だけでは変えられない運命があります。
しかし、10%の努力によって90%の運命の現れ方が異なってきます。
10%の努力を生かす為にも、成功したら運が良かったと捉えて、失敗したら自分のどこかに原因があるか考えなさいという内容でした。


■話の内容

●船の例えがあったが、上手く意味を捕らえ切れなかった。
話の中で自分を船に例えた場合、大きな船か小さな船かは運命で決まります。
しかし、目的地まで着く事が出来るかは本人の努力次第だ、という話がありました。
その中で、船の大きさを何に例えたのかが上手く捕らえきれずに躓いてしまいました。
他のメンバーもその点で色々と解釈しており、中々奥深い文章だと感じました。


●チャンスの為にも日々努力する。

自分がサッカーの控え選手だったとします。
いざ出場となった時に日々努力をしていなければ本番で十分に力を発揮する事が出来ません。
ここ一番という所で十分に力を発揮する為にも努力を続けなければいけないという話でした。
日頃どの様に努力しているかで運命が変わってくると思いました。


●運命にも変えれない物がある

どんなに努力をしてもどうしても変える事が出来ないものがあります。
その際は努力つまり舵取りを変えて、進み易い所から進んでいけば、良い結果が生まれてくるのではと思いました。


●運が良いも運が悪いも捉え方次第

何か出来事があった際、それを吉と取るか凶と取るかは自分だという話がありました。
例えば財布を無くしてしまったとします。
運が無かったと感じるだけで終わる事が普通かもしれません。
しかし、日頃から注意をしていればこんな事にはならなかった、勉強になったと思う事も出来ます。
その様な人が運命が変える事が出来るのだと思いました。


●今ここで話が出来る事も感謝できる。

成功出来た時は周りにも感謝をしようと本に書かれていました。
その中で、努力したり工夫する事で力を発揮する事が出来るこの環境にも感謝しなければならないという言葉がありました。


●成功の中にも反省点がある。 しっかり反省しよう

成功した時は周りに感謝し、失敗した時は反省しなさいと言われています。
しかし成功の中にも小さな反省点があるものです。
それを次に活かさなければ本当に成長する事が出来ないという話がありました。
常に自己反省を繰り返していき成功を掴み取っていく事が重要だと感じました。


●船の大きさについて

船の大きさというのは各個人の生まれ持った能力を例えたものであるという話がありました。
船の大きさは変える事は出来ません。
しかし、小さいから駄目というわけではなく、その船をどれだけ扱いこなせれるかが大事だと思いました。
大きな船だったとしても扱いきれずに転覆しては意味がありません。


■感想

人は生まれた時に、ある程度運命が決まっていると考えています。
しかし、自分を上手く導いていく事で運命を味方にする事が出来れば大きな力を生み出す事が出来ると感じました。
そうする事で自分の船を大きくする事が出来るのではと感じました。
その為にも、日々の努力を怠らずに生きて行こうと思います。


FLOW FLOW


タグ:FLOW FLOW




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。