部下の哲学 P174 「ゼロからの発想を持つ」を読んで

今回、著書の中では千葉県の小さな鉄道を一つの例に新しい発想・意識改革から企業が危機から脱したり成長したりする事があり、経済が不安定な今はこのように工夫する力も大切になってくるという事を教えて頂きました。

また、輪読後の意見を交わす時間で各メンバーの学ぶ視点と考える視点という物を顕著に感じる事ができ、新たな輪読の形を見れた気がします。

まず、この1節を読み終えて、物事をゼロから発想する力の大切さは各自感じておりました。
その上で、社会人経験がまだ浅い新人メンバーから「発想の仕方が難しく、どうすればゼロから発想する事ができるのか悩んでしまいます」という投げかけがあり、この話をきっかけに各自がこの1節をベースに自分の考えや経験を交えてゼロから発想する方法や大事な視点等の意見を交わす事が出来ました。


・発想するには物事を知る必要があるので上司の方が発想しやすいのではないだろうか

新しい発想には、現状を知った上での発想が必要ではという視点から考えると確かにチームリーダー等上司の立場である方が発想しやすくなると思いました。


・固定概念にとらわれない新人の方が発想しやすいのではないだろうか


先述と逆説ではありますが、物事に対する固定概念にとらわれていない新人の方が思いもよらない発想を生み出しやすい環境にいるのではという視点から考えればこれもありうる話だと思います。

・ゼロからの発想は原点回帰。発想はゼロからでも経験はゼロではない

ゼロからの発想は原点回帰という考えとリンクする部分があると思います。
その時に大事な姿勢として全てを捨ててゼロから考えるのではなく、これまで培った経験という部分を活かしながら発想を行う事。
これは非常に重要な視点ではないでしょうか。

・他人の意見も聞く事は発想の近道になるのではないか

自分ひとりで考えるのではなく、他人からの俯瞰(ふかん)的な意見を取り入れる事も新たな発想をする上で良いきっかけになると思います。
企画を行う際の思考方法として、ブレインストーミングという方法が
よく用いられますが、これも他人と意見を交わす事で一人では考え付かなかったような斬新な発想が生まれるという結果をもたらします。
フカン的に現状を把握し発想する事は非常に大事な事ではないでしょうか。

・クリエイターとアレンジャー

新しい物を発想する人をクリエイターとアレンジャーの2つのタイプに分けることが出来ます。
クリエイターとは、何もない状態から新たな発想を行うタイプで、経験に加えて天性のセンスのような物が関わってきますが、それと異なり、アレンジャーは、今ある資源に何かアレンジを加える事で今までにない発想を生み出すタイプです。
ゼロから発想する方法は必ずしも何もない所から生み出すだけではなく
アレンジャーのような視点で生み出す事も可能なのだと気付かされました。
その為にも物事の状況をよく観察し、よく知り、問題に対処できる知識を増やしておく事が大事なのだと思います。

・一歩ずつ変化し続けた結果が新しい発想を生み出すのではないか

原点と発想結果を点だけで見るとゼロからの発想は原点からかけ離れて見えがちですが、現状を分析し、どう打開していくのかを考え抜いた末に生まれた発想は、視点を変えて見直せばそのプロセスから原点との関連性を感じると思います。
まずは一歩ずつ目の前のことを工夫する努力も必要ではないでしょうか。


このように今回はそれぞれの視点からテーマを捉え、様々な意見が出て参りました。
どの考え方にも間違いというものはないと思います。
その取り組む姿勢・気持ちを持つことが大切なのではないかと感じました。

上記の姿勢でそれぞれがゼロからの発想というテーマを心に秘め日々の業務に取り組んで行けば、新人・上司・経営者に関わらず、いざ問題や壁にぶつかった時に発想を転換する事ができ、それを乗り越えていけるのではと感じております。

まずは、今与えられた仕事を確実にこなせるよう努めた上で、創意工夫ができるように今の仕事への理解を深めていきたいと思います。


Yujin



タグ:yujin




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。