部下の哲学 p154「"けじめ"があればこそ人間関係は豊かになる」を読んで

けじめを大切にし、適度な緊張感を持って相手に接することで、人間関係が豊かになり、一つの会社、一つの組織が円滑に動いていく為に大切なことであると書かれていました。
お互いに尊敬しあい、一人の人間として見ることでよりよい関係が気づいていけると思います。

また、けじめをつける、それはメリハリをつける事と密接な関係にあるのではないかと思います。リラックスしてゆったりする時、意識を高め緊張感を持って作業を進める時、ここにメリハリをつけることでけじめをつけることが出来ると思います。
ちょっとした会話でフランクに話すときもあれば、いざ仕事の話になれば真剣に取り組んでいく、こういったスタンスがよい関係を気づいてけるのではないでしょうか。


Small River


タグ:Small River




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。