部下の哲学 p161「金銭的な不正は小さな事から始まる」を読んで

最初は、偶然だったのかもしれない。

たまたま、請求金額を誤って多く記入してしまい、それが通ってしまった事から、こう言う事も出来るのだと思ってしまい、次からは意図的に誤魔化してお金を得るようになり、結果、不正に発展してしまったと言う話。

ここで、重要なのが、誤ってお金を得てしまった際に、「こう言う事も出来る」と思ってしまっても、自のために、欲望を律する事が出来るか、と言うことです。

一度破ってしまえば、次に破るのも容易になってしまいがちになるため、最初の段階で如何に自分を正す事が出来るかが重要になってきます。

では、どうやって、自分を正す事が出来るのか、どうすれば、欲望を抑える事が出来るのか、と言う事を考えて見たのですが、私は、「喪失と恐怖」、と言う言葉に辿り着きました。

人間にとって、喪失ほど辛いものはないと私は思っています。

喪失、失うと言うことは、元々あったものが抜け落ちてしまい、時間を掛ければ戻るものや、何をしても戻らないもの、様々ありますが、何れにせよ、心のあり方を強く持たなければ、一瞬で人を鬱にさせる程の危険を孕んだものだと思います。

そして、失うと言う事を明確に意識した時、自然とその事に対して、少なからず、恐怖を抱く事になるのだと思います。

恐れる事で、臆病になる、良く言えば慎重になると言うことですが、私が言いたかった事としては、その場の勢いに流されず、「喪失と恐怖」について踏まえた上で、慎重になり、物事のメリット、デメリットを考え、自分が今どの立ち位置にいるのかと言うことをしっかりと見つめ直す事で、自分の意思で正しさを貫き通す事が出来るのではないか、と言うことです。

やり方は様々あると思いますが、根底にある部分と言うのは変わらず、「大切なのは、自らが心と打ち立てたもので、正しさを貫き通す事」だと私は思います。

Garden River


タグ:Garden River




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。